48の茶と100の鼠

期間・79日(土)-718日(月)<713日(水)・14日(木)休み>

時間・12:00 17:00まで

場所・ギャラリー モーネンスコンピス

månens kompis

602-8142京都市上京区堀川通丸太町下ル下堀川町154-1

(株)エーワンテック本社ビル3階 TEL/FAX 075-821-3477

 

------------------------------------------------------------------

 

48の茶と100の鼠」

haru nomura bags works exhibition

 

鴨川ねずみ 玉子ねずみ 空色ねずみ 桜ねずみ 貴族ねずみ

さて、どんな「ねずみ」でしょう。

 

土器茶 蜜柑茶 団十郎茶 うぐいす茶 利休茶

さてどんな「茶」でしょう。

 

江戸時代、おしゃれな町民たちが草木で生み出した100を超える茶色とねずみ色。庶民の華美、贅沢を禁じるルールの中で生まれた、豊かな色彩。そんな粋な町人たちに習って「茶とねずみのかばん」「茶とねずみのストール」をつくりました。

 

 

 

 

 

 

 

・茶とねずみのかばん

牛革を漉いた後の床革。

低温で、じっくりことこと染めました。

茶とねずみの色彩の中で、

ドローイングのように生まれたかたちです。

50点すべて一点もののかばんです。

<¥15,000〜¥50,000(一点ものにつき、個々に値段が変わります)>

 

 

 

 

・茶とねずみのストール

葡萄茶 = すおう+みょうばん+やしゃ+木酢酸鉄

江戸茶 = やまもも+みょうばん+すおう+みょうばん

納戸鼠 = あい+やしゃ+木酢酸鉄

昔の人の知恵をかりながら、

足したり引いたり掛け合わせた色。

50枚すべて一点もののストールです。

<ストール…¥12,000

 

 

------------------------------------------------------------------

薮内都さんによる「カケラバッグ」のワークショップ

 

 

 

 

 

トートバッグや小物入れでも知られるpoRiffの代表の薮内都氏。

 poRiffとは、お買い物のたびにもらうレジ袋や、割れ物を包む際に使うプチプチシート等を切り抜いてコラージュしたものに熱を加え、圧着させることで出来上がるシートです。今回は「四十八茶百鼠」色のビニールで、カケラバックをつくります。

● 日 時:717日(日)

 CLASS1 10301230 *10:15までにお越し下さい

 CLASS2 14301630 *14:15までにお越し下さい

● 講 師:薮内 都さん poRiff代表   http://poriff.com

● 定 員:各CLASS 10

● 参加費:材料費:1500

● 持参物 : ご自宅に、茶色か鼠色のビニール性の買い物袋があれば当日お持ち寄り下さい。

●申込み方法:件名「カケラバックのワークショップ」、本文に①お名前、②人数、③ご希望のCLASSをご記入の上、下記のアドレスまでメールください。なお、定員に達し次第締め切らせていただきます。harunomura.bag@gmail.com