猫になる暮らし

 

 

 

動物園の受付で、アルバイトしていたことがあります。

迷子さんのお世話や、ふれあい動物時間のアナウンス、チケット売り。「夜間開園」といって夜の動物を観れるスペシャルな日の勤務もあったりして、とても楽しいお仕事。休憩時間や閉園の見回りの時間に、こっそり、象やキリンやフラミンゴを眺めるのが日課でした。

 

植物も好きですが、動物も大好きです。

 

我が家では猫を二匹飼っています。

「ねこ」なので、「ねね」さんと「ここ」さん。黒と白の猫。

姉妹って言われて預かったけれど、みればみるほど似ていない二人。

(とはいえ私たち姉妹も似ていないので、きっと猫界でもそんなことがあるんでしょう。)

 

 黒猫ねねさんは、愛嬌のある娘。おもちゃよりも、人に興味があるみたい。手をぺろぺろと舐めたり、私が台所に立つと足の間をくるくる。スマートでよく跳ぶ。好奇心旺盛。疲れて帰宅したとき、何かを察してすり寄ってきてくれます。

 

 白猫ここさんは、天然の娘。ラメラメのボンボンがついているおもちゃ(通称・キラ棒)を常に持ち運んでいます。最近ようやく触らせれくれるようになりました。手を甘噛みしたり、引っ掻いたりします。運動音痴。さっきも振り向き様に、椅子に激突していました。

 

猫は、人間のことを「おおきな猫」だと思っているらしい。

わたし、どんな猫にみられているのかしら。

 

猫のいる暮らし。猫になる暮らし。