新作のかばんのこと

母が綺麗にしまって残しておいたワンピース。

譲り受けて、表に出せずにいたわたしのワンピース。

かわいいと思うけど、どうしても着れずにいた

洋服です。

 

キクマ ユカ (24)

 

 

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

布を集めています

 

haru nomuraでは「むだのないものづくり」を志し、人とモノとの関係を考えています。

これまでに「育てるしかく」「きれはしかばん」「大きなかばん」などを手がけてきました。 そして、かばんを通して多くの「かばんの里親」を得ました。 今回、つながった人の力をいかしたかばんをつくろうと思います。

題して「記憶のカバン」です。

 

内容

・『haru nomura』の新作は、黒染かばんです。

・  20152月の修了制作展で発表、販売します。

・日本に伝わる染め直し技法「黒染」と、補強の技法「つぎはぎ」「刺し子」の出会いで生まれる新しいカタチをかばんに再生します。

 

お願い

・タンスの奥に眠っている服を寄付をしてください。

・  たとえば、お父様のジャケット、子供さんが小さい時に来ていたブラウス、履かなくなったジーンズ、着物、シャツ、タペストリーなど。

・化学繊維(黒染めできません)以外のものなら、なんでも構いません

・モノとのエピソードも一筆いただきたいです。

 

流れ

募集期間 本日から11月末(集まり次第、受付締め切り)

1 ご協力いただける里親さんは、ご一報ください。

  harunomura.bag@gmail.com 

2 服を入れる袋と、エピソードを書いていただくカードを郵送します。

3 着払いで返信してください。

4 修了制作展で展示販売します。(里親優先販売も考え中です!)

 ご質問は<harunomura.bag@gmail.com >へお寄せください。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    hiuroshi-murayama (土曜日, 25 10月 2014 00:35)

    諸々了解しました。また連絡させていただきますね。

  • #2

    野村春花 (水曜日, 29 10月 2014 19:45)

    hiuroshi-murayamaさま
    絶賛募集中でございます!よろしければよろしくお願いいたします。

  • #3

    野村春花 (木曜日, 06 11月 2014 11:23)

    定量に達した為、締め切りました。みなさまご協力ありがとうございました。みなさんの想いと、黒という色とどのように向き合うか、かなり高いハードルですが、こつこつ手を動かしてみたいと思います。この度は、ご協力ありがとうございました。

  • #4

    野村春花 (火曜日, 11 11月 2014 09:04)

    あと5名ほど追加募集いたします。詳しくは、上記アドレスまで。