真夜中のスープ

なんとなく、夜の闇に勝てなそうな夜だった。いろんなごちゃごちゃとした思いが、わぁっとなって、夜に溶けてしまいたくなった夜だった。

 

缶ビールでもあけようかと思ったけれど、そんな気分でもなかったので。ああ友人が真夜中にスープをつくったなんていってたなと思い出して、スープを作り出す。真夜中の台所で。冷蔵庫にあった忘れられてた野菜たちを、適当に切ってコトコト煮込む。にんじん、たまねぎ、大根、紫芋、ブロッコリー。すこし薄紅色のスープになる。

 

朝起きて、台所には鍋いっぱいのスープ。なんだか気持ちも和やかになって、ひとくちすすってみたら野菜が溶け出してほんのり甘くて、真夜中のスープづくりも悪くないなと思った。

 

明日に備えるスープ、元気のスープ、真夜中のスープ。

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ちょうちょとおはな (水曜日, 01 2月 2012 22:50)

    夜の闇に勝てなそうな夜…そういう夜が、確かにあるね.
    そういう夜は、いつもより闇が深くて、夜の時間が長いような気がして、何とも言えない気持ちになってしまいます。そんな時は、どんどん気持ちが下向きになってしまって、前を向こうなんて思えなくて、こんなふうにしている暇があるなら、もっと生産的な行動をとればいいのにって自分で思うんだけど、とてもじゃないけどそんなエネルギーは湧いてこない…。そんな夜は、スープを作る。それはとてもいい考えに思えました。だから、次にそんな夜が来たら(近々やってきそうな予感がするのだけど…)私もスープを作ろうと思います。少しでも心が落ち着くように、スープを作って、寝て、起きたらまた元気な自分に戻れますようにって思いながら。
    とてもよいアイデアをありがとうです(>m<)

  • #2

    ちょうちょとおはな さま (木曜日, 02 2月 2012 19:52)

    ちょうちょとおはな様

    ふらりと覗くと、あたたかいコメントが!!コメントという機能は、言葉のキャッチボールができてとても素敵ですね。ちょうちょとおはなさまのお陰で、これからはコメント欄をつくろうと決めました。

    夜は静かで何もみえないからなのか、私の中に隠していた弱い部分がでてきます。胃の裏の部分がぎゅーってなったりします。不思議ですね。

    スープつくりましょう!夜の台所に立って、トントントンって!
    スープは、みんな、溶かしてくれます。